創作サイトブログ・フリーゲーム、東方のSSなど公開中

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



SS一本

...2011/12/17 20:40...

復帰ついでに小説一本。

異変が終わって変になる

解説は追記。




・構成

 時制を膠に、決して混ざりあわないシリアスとギャグを交互に織り込むウエハース構造。
 境界を曖昧にするのではなく、より強固に断絶させることで共存させてみるテスト。

・過去話

 妖忌の件や咲夜戦、妖夢VS幽々子など、書いてみたかったシーンが幾つかあったので。

・妖忌の外見

白髮三千丈
縁愁似箇長
(三千丈に及ぶ白髪は、長年の憂いによってこんなにも伸びてしまった。)

やたら憂いが多かったであろう妖忌は長い白髪。譲れんなあ。


・庭の話

 尖った個性をそのまま調和させてる幻想郷は凄いよね。


・剣術

 二刀流なのだけれど、筆者の趣味で居合い術を使わされる悲劇。

・VS幽々子
 わざと負けに行ってる(緋・神)状態でもない限り、白兵戦でも幽々子に勝つビジョンが見えない妖夢。
 お稽古でも真剣と鉄扇使って危ないですな。


・警策

 座禅のイメージにはつきものだが、登場は江戸時代。
 鎌倉時代人(推定)の彼女の時代には無いものだけれどイメージ優先でひとつ。


・妖夢の部屋

 完全に想像。
 三月精とかで描写されてたらどうしよう。


・性格が変わると言っても限度がある

 新作が出る度に性格が変わった、と言われる妖夢が考えるのがブラックジョーク。


・蔵から出てきた古文書

 公式では幽々子の書架から出てきたらしいが設定変更。
『だいたい妖夢のせい』がこの話の根幹なので。妖夢が蔵の整理を思い立たなければ、本の山を崩していなければ、そもそも春雪異変自体が起こっていなかったという。


・一尺三寸なら

 楼観剣を抜いてから、白楼剣にしておけばよかったと後悔する妖夢クオリティ。
 きっと白楼剣を抜いていたら楼観剣にすればよかったと思う妖夢クオリティ。

 弾幕戦と違って陸戦はガチ。

・春雪異変

 個人的妄想。妖夢と咲夜は戦ったが、異変を解決したのは霊夢。に準拠して書いた。

 ついでに異変解決時に妖夢が負傷していた事にする事で、霊夢と幽々子の会話をカット。
 カリスマを失った時期の問題で、原作どおりの戦闘開始会話は不都合にござる。ござる。


・ため息

 自覚するくらい妖夢のため息描写が多いのは、そういうイメージが固定されているからだろうか。


・「負けちゃいましたね」→「綺麗な桜ね」

 負けなかったら見られなかった桜を肯定することで敗北も肯定する幽々子。
 傍から見たら話し聞いちゃいないようで彼女たちには通じてるんです。

スポンサーサイト






この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://fountainlikemirror.blog17.fc2.com/tb.php/216-9f27c628
CALENDER
06 ⇔ 2017/07 ⇔ 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ついった
カウンター
Counter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
アフィリエイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。