創作サイトブログ・フリーゲーム、東方のSSなど公開中

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



スプリングベール小学校 攻略戦 - fallout3プレイ日記十一話

...2009/06/29 17:30...


foss66


「ずいぶん重いですね」
「とっておきの50口径だからね。アサルトライフルも中国軍式のを用意できた。整備不良、誤動作もまず起こらないだろう」
「ありがとうございます」
「貸すだけだからね。ちゃんと君の手で返しに来てくれよ」

 ええ、と頷いて、普段はまずしないような重装を身につける。
 50口径対物と、軍用アサルト、こまめに集めた虎の子の5.56mmを惜しげもなく持っていく。

 遭遇戦に備えた最低限の武装で、極力戦いを避けてきたこれまでとは違う。
 これからレイダーの根城に、攻撃を仕掛けに行くのだ。


 第十一話「スプリングベール小学校 攻略戦」






foss67


 月明かりに照らされる中、狙撃銃を覗く。
 スプリングベイル地域の端にある小学校に、情報通りの人影を確認する。

「元々は、そこからすぐ西の高架に居た連中だ。メガトンを狙ってきたが、一度撃退されているらしい」
「それがそのままスプリングベイルに住み着いていた、と?」
「そういう事だね」

 キャラバンの人たちはいったいどこから情報を仕入れてくるのか。
 ともかく、あそこにレイダーが居る理由は分かった。

foss68


 引き金を引く。
 高精度の狙撃銃だけあって、狙い誤たず、きっちりと弾丸が胴体に吸い込まれる。

「うわっ、上下分断」

 対物ライフルを使えばそんなもの。
 かなり遠くから狙撃したので、撃たれた見張り以外は「遠くで銃声がしたな」程度にも思うまい。

foss71


 狙撃銃を物陰に置き、ひどく破壊された側から小学校の地下へ侵入する。
 入り口にアリの死骸。やはりここが原因か。
 嘆息しながら音の少ない10mm拳銃に持ち替える。

 小学校の中はひどい臭いが充満している。
 人の臭いと、死の臭い。
 レイダーに殺された挙げ句、おもちゃにされた人のオブジェがそこかしこに見える。
 地下の見張りが歩く足音が聞こえる。

foss69


「こんばんは」
「てっ……」

 暗闇に紅眼を見つけた時にはもう遅い。

 いくら強力な装備をしてきているとはいえ、なるべくならレイダーの多くが眠っているうちに事を済ませたい。
 不意をうち、ほとんど音もなく片付ける。

 地下に入るための鍵が見つからなかった為、地上部へこっそりと向かった。
 ボス的な立場にあたるレイダーだけに目星をつけて、一人になった所で不意を打つ。

foss70


 ナイフアタックの一撃で致命傷。
 コンピューター端末のパスワードと、地下への鍵を抜き取る。

 ついでに端末をのぞき見て、事の顛末だけは調べておく。
 呆れた話だ。
 メガトンの襲撃に失敗したレイダーは小学校に逃げ延び、ここから地下へ穴を掘ることにした。
 目標は山にあるボルト101。ふるさとだ。
 レイダーがアリの巣を掘り当てなければ、その穴はいつかボルトに届いていたかもしれない。

 それが分かれば、もう地上部にもレイダーにも興味はない。
 今は自分の仕事を果たすため、地下への扉を開く。



 アリの巣へと飛び込む。



foss72









foss73


・・・・・

・・・・

・・・

・・



foss74


「食っべっ放ーー題ーーーっ!!!」

「踊るな」

 ラッキーハリスがあきれ顔で言う。ドクターホフが目をそむける。

「それで、アリの巣は潰せたんだな?」
「そりゃあもう。爆薬はちゃんと仕掛けたし、目に付くところにあった卵はぜんぶ潰して持ってきました!」

「持って帰って来んでいい」

 ろくに話も聞かず、山積みになったアリ肉を頬張る娘。

「食べ放題ですよ。お二人もどうですか?」
「……食えないわけじゃないが、このビジュアルはキツすぎる……」
「……名医の胃袋にはもう昼食が入っているんだ」

 ならこのご馳走は独り占め。ボルトに居た頃だってこんなに沢山食べた事はない。
 娘は心底嬉しそうだった。

「で、何て言えばあのグロ画像をさっさと片付けてくれるんだ……?」
「心配しなくても、そのうち食べ終わるだろう……」

foss75


 続く。



【プレイ補足】

 今回使用した.50狙撃銃など、MODを入れた段階でスタート地点近くに出現し、無料で手に入れられてしまうアイテムはけっこうある。
 その辺りの特殊装備に関しては、日記ではハリスが仕入れてきたもの、という形で補完している。

スポンサーサイト






この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://fountainlikemirror.blog17.fc2.com/tb.php/106-ac36b97f
CALENDER
04 ⇔ 2017/05 ⇔ 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ついった
カウンター
Counter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
アフィリエイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。