創作サイトブログ・フリーゲーム、東方のSSなど公開中

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



Metro in Metropolis-fallout3プレイ日記第七話

...2009/06/20 18:30...

 あの砦はダメだったけど、
 安全な居場所が欲しい気持ちは強くなりました…。

 第七話『Metro in Metropolis』





 そのためにも日々を生きる事が重要だ。
 もっと本格的にスカベンジャーの真似事を始める事にした娘。
 キャラバンのスクラップ集め担当、ウルフギャングにコツを聞いてみると、
 地下にがんがん潜ってみるのがオススメだと言う。

 大戦前の土木技術は、地下に縦横無尽に鉄道・上下水道・シェルター施設などを敷設できたという。
 核戦争で地上はなぎ払われたが、地下構造は無事なことが多い。
 だから地下鉄駅などから地下にもぐる事で、かなりの量の交換に足る品物を見つけられる場合もあるのだとか。

 幸い、あの砦があった場所から川沿いに南へ進んでいくと、幾つかの地下鉄駅も見つけられるらしい。
 スカベンジャーをやるのならと、厚手の服に着替え、見つけたものを詰める大きなリュックを背負う。
 見た目はわりと旅のトレーダーに見えるようになったかもしれない。

foss30


「おい! お前!」

 はい? 私ですか?

「俺は強盗だ! さっさと持ち物を全部よこせ!」

 声を荒げた男が銃を向けてくる。
 白昼堂々、こんな場所で強盗が出るなんて世も末だと思う。
 相手もレイダーには見えないが。レイダーならば何も言わずに撃ってきている。

 向けられているのは12ゲージの狩猟用ショットガンを切り詰めた、
 いわゆるソードオフショットガンだ。
 散弾で撃たれると大変なことになる。

「でも残念ですが、何も渡せません」
「なら覚悟し――」

 パン!
 あまり狙わず撃った弾丸が男の肩の付け根あたりをえぐり取る。

「ぐぁ! ちょ、ちょっと待っ!」

 すかさずボルトアクションレバーを引き、空薬莢をはじき出す。
 次弾装填。二発目はちゃんと狙う。
 パン!

foss31


 倒れた男の死体を調べていて、気づく。
 彼のショットガンに弾丸は込められていなかったことに。
 たぶん色々な意味でどうにもならなくなって、仕方なく空の銃で強盗など働いたのだろう。

 別に思う事はない。
 銃口を向けられた時点で撃っていなければ、次の銃には弾丸がちゃんと込められている可能性の方が高いのだから。

foss32


 肩をすくめて目的地へ向かう。
 メトロ駅の前に通りかかったウィルヘルム埠頭では、一人の女性がバラックに住んでいた。
 彼女はあの超美味、マイア・ラークの狩人の元締めをしているのだとか。

 思わずマイア・ラークの味を思い出してよだれが出そうになる。
 いかんいかん、と思いつつ、気がつけば交渉の末にマイア・ラークのケーキを買っていた。
 ん~、テイスティ。

 そんなこんなでメトロ駅に到着する。
 地下には放射能で変異したグールという怪物や、場合によってはレイダーが根城にしている場合もあるという。
 そのためラッキーハリスから新しく装備も買ってある。

foss33


 DWPPC拳銃。.357マグナム弾を装填できる大型リボルバーだ。
 これを買うと言った時にはラッキーハリスに目を丸くされた。

「サイドアームから揃えるなんて珍しいね。普通はアサルトライフルとかコンバットショットガンを買いたがるものだけど」

 アサルトなら安くしとくよ、とすすめを断って買ったのには理由がある。
 火力が必要になった時のためにマグナムを買ったものの、普段はやはり弾丸が手に入りやすい32口径か10mmを使いたい。
 けれどとっさに必要になった時に抜けないのも困る。

 普段10mm拳銃を使っていて、相手が堅かった時にアサルトライフルをもたもたと持ち出すのでは命にかかわる。
 それに比べ、普段はハンティングライフルを使い、火力が必要になったらすぐに拳銃を抜ける方が速い。

foss34


「(シュコー)それでは(シュコー)しゅっぱ~つ(シュコー)」

 ゾンビが出るところですよ。伝染ったらヤじゃないですか。

 注:fallout3のグールは放射能による変異なので伝染性ではありません。

foss35


 色々と崩落していたり、ぐちゃぐちゃになったメトロを探索する。
 戦前はどこの駅にも設置されていたと思われるヌカ・コーラの自動販売機をこじ開け、残っているコーラを手に入れる。
 ひしゃげたロッカーに収められたタバコのパック。廃棄部品。

 なるほど、こうやって集めればいいのか、と思いながら進んでいくと、暗闇にうずくまる影を見つける。

foss36


 VATS発動。pipboyからの刺激が認識力を増大させる。
 スローモーションになった世界で、相手の姿を確認する。
 なるほど、「ゾンビ映画から抜け出してきたような姿」とはよく言ったものだ。

 グールの中には知性が残っているものも居るらしいけれど、コイツには知性の光はない。
 こちらを認識した瞬間、攻撃の意志を感じ取る。

foss37 foss38


 発砲。幸いなことにゾンビ映画のそれほど耐久力はないらしい。
 ハンティングライフルで十分に対処できる。
 二、三匹のフェラルグールを倒し、地下鉄の駅を抜ける道を見つけ出した。

foss39


 出てみるとそこはアーリントン国立墓地駅。
 あまり食べ物を探しに来る場所ではなさそうだし、レイダーの姿もちらほら見える。
 見つからないうちに引き返し、メトロ内をもう一度くまなく探した後で地上に戻る。

foss40


 本日の戦果。
 なるほど、地上の廃屋をほじくり返すよりはお金になりそうだ。

foss41


「それにしても、疲れたぁ~……」


 続く

スポンサーサイト






この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://fountainlikemirror.blog17.fc2.com/tb.php/101-80621651
CALENDER
04 ⇔ 2017/05 ⇔ 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ついった
カウンター
Counter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
アフィリエイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。